KRの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士と相模原線

<<   作成日時 : 2009/11/03 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
相模原線の電車を富士山と一緒に撮るのは結構至難の業です。一番撮りやすい多摩川の鉄橋は、ご存知のようにオーバートラスの鉄橋で車両がうまく撮れません。
その先は南側に多摩丘陵の山があるので隠れてしまいます。橋本に近くなると、大山や丹沢の山々が近くなりすぎて富士山を見ることが出来ません。

可能性があると思っていたのが、稲城〜若葉台間。富士山の位置が進行方向右側に移り見ることが出来ます(左側は丘)。以前駒澤女子大学に行ったときに階段から富士山が見えたので、どこかあるだろうと思っていました。

今日は真冬のように晴れて富士山が見えたので、通りがかりに寄ってみた。

場所は稲城から見て駒澤女子大の入り口から2つ手前の道を入ったところ。相模原線の築堤をくぐり階段で抜ける道のところです。確かに見えて、電車も撮れそうです。ただ、

画像


とても小さくて、言われないと気づかないかも。

画像


画像


画像


画像


結局6000系も来なくイマイチでした。今度は駒澤女子大の周回路に行って見たいと思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。富士山は小さいけれど、よくわかりますよ。
1年のうちで富士山が見えて、撮影するだけの時間がある日というのは数えるくらいしかないので、こういう写真は貴重ですね。
私も、可能ならば6000系の旧塗装復活車と富士山みたいな風景は見ておきたいなと思います。
鉄と馬
2009/11/08 23:33
そうですね。旧塗装車は10両編成の新宿よりに付きます。となると晴れた日の平日ということになりますね。なかなか難しい条件です。
KR
2009/11/10 11:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士と相模原線 KRの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる