KRの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 南山から

<<   作成日時 : 2008/02/02 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

稲城は南山の崖で有名である。京王相模原線や南武線を遣ったことがある人は車窓から見たことがあると思う。昭和40年頃まで砂を取るために山を削ったが、その跡である。昭和40年代前半に採取は中止になったが、現在までその跡が残っている。
画像


画像


画像

今日そこに入った。崖のそばは危険だが、冬場で草木も枯れているので眺望できる場所があった。そこで相模原線を含め1枚撮影した。こういうところにくるとデジタル一眼レフが欲しくなる。
その下は稲城のグランドキャニオンと呼ばれる崖の全貌。その下は最初の写真を撮影した辺りのもの。ちょうど真ん中付近の木の少ないあたりになる。

その後南山を散策し稲城駅の武蔵野線脇に出た。
画像

こういうときでないと普通の目線の光景を撮るころはない。ちょうど6000系の連結部分だった。
画像

歩いて京王よみうりランド駅に向かいその手前で6000系が来た。まだ6000系によく出会うが、9000系の新車も入るようなので、あと1,2年もしたらめったに見られなくなるだろう。相模原線に多いのは都営直通の10両編成が京王車しかないからだ。地下鉄に直通できる9000系の10両編成もまだ少ないので6000系の出番となる。9000系が出て都営車に10両編成が登場すれば、一気に少なくなるだろう。そうなると今はうんざりするほどいる都営車の調布〜橋本間折り返しの各停もほとんどなくなるだろう。つい最近までは6000系の5ドア車がなくなるなど話しをしていたが、現状のパターンも早晩崩れてもおかしくはない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南山から KRの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる