KRの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS KRの終焉

<<   作成日時 : 2007/12/31 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長年使っていたフィルム「コダクローム64(KR)」がこの12月で日本での現像が終わりました。今年の6月頃に店頭から消えていましたが、とうとう終わりのときがやってきました。
画像


画像


このブログのニックネームをKRにしたのも、このフィルムからとったものです。名前の由来がなくなるのは残念です。デジカメ優勢の時代で、エクタクロームよりマイナーで、フジフィルムにも強力なフィルムが登場したいまでは利用者も少なかったのだろうと思います。そういう自分も年1〜3本にすぎなかったわけですが。

はじめてKRを使ったときの写真を4つほど。
画像


画像

1978年の3月に上越線に行ったときに撮った181のときです。ちょうど183-1000が登場したころで、先行きが危ぶまれていました。183-1000は悪者扱いでしたが、最近久々に走ったらニュースになるのですから、時は経ちました。

画像

そのあとに南武線の武蔵小杉で撮った72系の川崎行きです。当時の南武線は旧国が標準でした。武蔵小杉も写真の方向は高架化され、駅を出てから上り坂になっています。

画像

同じ場所で今はなき快速川崎行きを撮っていました。101系ですね。前にも書きましたが、登戸止まりで、その先の接続もなかったのでガラガラでした。そのため廃止。快速復活の声もありますが、他線からの乗り換え客が多く利用距離が短い南武線には快速は向かないのかもしれません。それより本数を増やして待ち時間を少なくする方が早く目的地に着けるようなると思えます。横浜線で快速が出来て、停まらない駅で15分以上間隔があきました。当初は通過だった相模原市の代表駅の相模原でそういう状況が起きました。快速の設定は停車しない駅が帰って不便になるり、それを解消するためには本数を大幅に増やす必要があり、コストがかかります。南武線のスピードアップはM車の比率の高いVVVF車の高加速力を生かしたほうがいいと思います。

最後の1本から2枚。
画像

今年の5月にウグイスで撮ったカシオペアの回送。カシオペアの車両を撮るのはこれが初めてでした。1月の谷川真理マラソンのときに鉄橋を通るのを見ましたが、そのときは撮り損ねました。そのリベンジでした。
画像

改札を出てオーバークロスから北斗星を一枚。言われてみれば北斗星もあまり取った記憶がない。出来たころ札幌付近で撮ったが、機関車がDLなので、この赤い機関車はひょっとしたらはじめてかもしれない。

いずれにせよこれでコダクロームともさよなら。次は何するか決めていません。ある中で気に入ったものを選ぶか、デジタル一眼レフにするか。一年後にはどこへ行っているのでしょうか。まだ迷っている可能性も高いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KRの終焉 KRの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる