KRの気まぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎から大師線

<<   作成日時 : 2007/08/15 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

先週の土曜に川崎方面に行った。猛暑で暑かった。
画像

川崎駅で降りてしばらく写真を撮った。小田原方に鉄チャンが何人かいるので、何か面白いものでも来るのかと思いながらも、人ごみで撮るのも何なので、東京側で待っていたら、リゾート踊り子が来た。これを撮るのは初めてだ。メインの写真はPKRで撮ったので、このアングルになった。
画像

その大師線に向かった。地下化されて駅自体がなくなる港町に行ったが、カーブのためにいい写真は取れなかった。唯一見られるものはPKRに収めた。その後川崎大師に向かい、写真でよく見かける踏切を通る1000系を撮った。
画像

今日は1000系だけが入っているようで車両的には単調だ。だが久々の京急なので、30年前から見慣れたこの形式が頑張っているのは嬉しい。なのでまったく飽きなかった。上野写真は川崎大師駅を出た京急川崎行きの電車。
画像

小島新田まで行った。ちょうど工事中だった。産業道路は踏切なので地下化する予定である。小島新田の駅は地上のままだが、すぐ地下に潜ってしまう。いいアングルがなかったので踏切を渡るところを撮った。
画像

鈴木町に戻り写真を撮った。古いままの駅がわかる。この駅も地下化され場所が移る予定だが、港町のように消滅はしない。

画像

小島新田に寄ったときに神奈川臨海鉄道の浮島線を覗きに行った。土曜、お盆前ということで列車は来なかった。DLがいたので写真を撮った。手前に錆びた台車が置いてあり、なかなかいい風景だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。この日は暑かったですね。大師線が地下化されるころには1000系もなくなっているでしょうね。最近はアルミやステンレスの車両が多くなっているので、丸っこい鋼製の車体は魅力的です。
鉄と馬
2007/08/18 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎から大師線 KRの気まぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる